購入数

命は慈しみの光

著者:岩井直路
出版社:イー・ピックス
発行年:2019年11月
判型:182弌148
並製本・カラーカバー付 80頁
装丁:及川デザイン室
ISBN978-4-901602-68-6
別途送料180円(税別)がかかります
※日本郵便の「スマートレター」で発送いたします


〜 こどもと共に考える、命と死 そして幸せな生き方 〜
少年期の親友の死、医者になってからの自らの病と家族の愛、 
緩和医療の現場での様々な体験、
そして被災地・陸前高田での地域医療への献身。
それらの体験の中から紡ぎ出された言葉は、
「生・老・病・死」といった、人としていつかは向き合うテーマを 優しく解きほぐしてくれます。
親と子が共に読む本としても、看護や介護の現場にいる人にもぜひ読んで頂きたい1冊です。
 
                                〜出版社から〜


※ 本文には全ての漢字にルビを振り、小学校の中学年以上であれば
自分の力で読むことが出来ます。一つのテーマが6ページで構成されており、
平易な表現とイラストや写真、そして「ご家族の皆さまへ」という
メッセージが添えられておりこどもと共に、命や死そして
幸せな生き方を考えることができるようになっています。

<目次>
[1] わたしの病気と 新しいいのち
[2] わたしが医者になったわけ
[3] 病気の人の 言葉に 耳をかたむける
[4] 病気の人の からだをみる
[5] 病気の人の からだに ふれる
[6] おみまいのときに 注意すること
[7] 生きるとは なにか?
[8] 死とは なにか?
[9] 世界の病院を見学して
[10] あたらしく生まれた わたし
[11] わたしに与えられた使命

<著者プロフィール>
1955年(昭和30年)東京都生まれ。
1982年千葉大学医学部を卒業し、主に呼吸器外科医として27年間病院勤務。がん患者支援、緩和ケアチーム/病棟、地域の緩和ケア団体の活動に中心的に関わる。公立病院・院長を9年間勤めた後、2018年4月より岩手県の陸前高田市国民健康保険広田診療所・所長、現在に至る。

下の画面で立ち読みすることができます。
書影の「四隅」にカーソルを当てクリックするとページをめくることができます。スマホで見るときには閲覧アプリ<Poste>をダウンロードすると便利です。



 


拡大して見たい場合はこちらから
別ウインドウで表示されます。(PC版のみ)