カート
ユーザー
絞り込む
商品を探す
分野別で探す
イーハトーヴ書店について
ジパング「はるかなる黄金郷(ケセン)※無料で読めます
0円(税0円)
購入数

ジパング「はるかなる黄金郷(ケセン)※無料で読めます
0円(税0円)


※この本はこのサイト上で全ページ無料で見ることができますが、ダウンロードして見ることができません。


豊かな海と美しい緑に育まれたまち、岩手県大船渡市。このまちに、1992年夏、コロンブスの帆船「サンタ・マリア号」の復元船がやってきました。500年の時を越え、黄金の国ジパングへの夢を乗せてやって来ました。
大船渡市を中心とする岩手県気仙(けせん)地方は、かつては世界でも有数の産金地帯でした。
その産金は中尊寺・金色堂をはじめとする平泉の黄金文化を生み出し、そのうわさは、当時、中国のフビライ汗(かん)に仕えていたマルコ・ポーロによってヨーロッパに伝えられました。そしてそれは、15世紀末のヨーロッパに大航海時代を引き起こしました。
コロンブスも、バスコ・ダ・ガマも、そしてマゼランも、この時代の冒険家たちはみな、この東方にあるという未知の黄金郷をめざして航海にでたのです。
かれらは、黄金の国ジパングには到達できませんでしたが、地球上のすべての人間と文化を結びつける交流の道を切り開き、世界を新しい調和の時代へと導きました。
「黄金の国・ケセン」はこの時代、大航海時代の輝く灯台としてさんぜんと輝き、冒険家たちがめざす道しるべだったのです。
この気仙の産金の歴史を、気仙の子どもたちが学ぶことを通して、自分たちの住む気仙地方の様々な文化や歴史や風土に興味を持ち、誇りを持つきっかけになればと願い、この本を出版いたしました。
この商品を購入する