購入数

思い出泥棒

思い出泥棒がやってきたのは、もうすぐ六年生になる、春休みのことだった。
ううん、思い出泥棒は、足音も立てず、姿も見せず、怪盗ルパンより上手に、ひっそりこっそり忍び寄るから、本当はいつから来ていたのかわからない。
気がついた時には、いくつかの思い出は盗まれたあとだったんだから。
(本文冒頭より)

発行:2022年10月22日
著者:谷原 悠(たにはら ゆう)
発行所:イー・ピックス
発行者:熊谷雅也
制 作:イーハトーヴ書店
判型:B6判変形(115ミリ×173ミリ)
ページ数:80ページ
カラーのカバー・帯付、簡易製本





ページをめくるときは画像の4隅にカーソルをわせてクリックするかドラッグすればめくれます。
拡大して見たい場合はこちらから見れます




<目次>
海辺の町で
僕たちの名前と海での約束
異変
立ちこめる霧
ジョナサン
霧の中へ
ジョナサンの話
宣戦布告
旅立ち
それから
再びあの地へ
世界のどこかで